【参加お申込みURL】
https://colormari.peatix.com/(別リンクとなります。)
※オフライン参加(現地参加)、オンライン参加をご選択いただけますのでご留意をお願いいたします。

【イベント詳細】
現在、モビリティ業界は100年に1度の革命期と言われており、CASEやMaaSに代表されるように大きく変化をしています。
そんな最中、今回のパンデミックが「移動」そのものの考え方について大きな問いを投げかけています。
with/afterコロナ環境下における「移動」に対するニーズが、これからどのように変化し、新しい生活様式と呼ばれる新常態(ニューノーマル)にどう溶け込んでいくのか。
本セッションでは、このような時代に飛躍が期待される新たなモビリティサービスを紹介し、深めます。

■タイムテーブル
ーーーーーーーーーーーーーーーー
18:00 オープニング

18:05 セッション①
【 withコロナにおける地域密着型のモビリティサービス 】
株式会社スマートバリュー 上野真

18:35 セッション②
【 「便利」「安心」「リーズナブル」な移動手段創出への挑戦 】
九州電力株式会社 伊藤裕俊氏

19:05 休憩

19:20 セッション③
【 業務用車両を活用したカーシェアサービスの取り組み 】
東日本電信電話株式会社 北島友貴氏

19:50 セッション④
【 三井住友海上のモビリティ取組 】
三井住友海上火災保険株式会社 高野崇氏

20:30 終了予定

■登壇者
九州電力株式会社 コーポレート戦略部門 インキュベーションラボ 主任 伊藤裕俊氏
1985年生まれ。2013年九州電力株式会社入社。火力発電本部に所属し、経営企画業務に従事しつつ、
KYUDEN i-PROJECTへ参加。現在マンション入居者専用EVカーシェアリング「weev」に従事。

東日本電信電話株式会社 経営企画部 中期経営戦略推進室(シェアリングエコノミー推進PT) 担当課長 北島友貴氏
2005年、東日本電信電話株式会社に入社。SE、法人営業、サービス運用等、幅広い業務を経験し、2018年より現職。
中期的な事業戦略を立案、推進。

三井住友海上火災保険株式会社 営業企画部 モビリティビジネスチーム 高野崇氏
1983年生まれ 岡山県出身。2006年 三井住友海上に入社後、自動車保険の企画・開発を担当。
名古屋での企業営業(モビリティマーケット等)を経て、 2019年1月に新設されたモビリティビジネスチームに着任。
現在は、CASE、MaaS全般の調査・研究、新商品・ サービス開発を担当する。

株式会社スマートバリュー モビリティ・サービスSection プラットフォームDivision DivisionManager 上野真
2007年から同社にて、プロジェクト責任者として、Mobility IoTサービス(テレマティクスサービス)の開発を開始する。
同社でのMobility向けIoT事業を創造。2019年、Mobilityの新たなシェアリングサービスをリリース。

■協賛企業
株式会社三井住友銀行
三井住友海上火災保険株式会社

■注意事項
■注意事項
・必ずご参加者さま自身でのお申し込みをお願いいたします。1名で複数のお申し込みや譲渡はご遠慮ください。
 ご都合が悪くなられて代理の方が出席する場合もできる限りご登録をお願いいたします。
・本イベントは、各種メディアの取材が入る可能性がございます。予めご了承ください。
・アルコール提供予定のため、未成年の方には参加をご遠慮頂いております。
・当日のお席は先着順にご案内しております。
・会場は禁煙となっております。
・イベントの様子(写真等)・内容をまとめ、後日公開させていただく予定です。
・開催状況によっては、開催を延期または中止する場合がございます。
・イベント参加については必ずcolormari利用規約
(URL:https://www.smartvalue.ad.jp/wp/wp-content/themes/smartvalue_theme/data/colormari_Facility_Terms.pdf)を
ご確認頂き、同意頂いた上で参加申込をお願い致します。 
・参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。

【参加お申込みURL】
https://colormari.peatix.com/(別リンクとなります。)
※オフライン参加(現地参加)、オンライン参加をご選択いただけますのでご留意をお願いいたします。

【イベント詳細】
DX(デジタルトランスフォーメーション)が活発に進む昨今、行政分野ももれなくその渦中にあります。
GovTech、電子行政、デジタル・ガバメント…様々な言葉を用いられますが、その本質は一体何なのか?
そして、ニューノーマルとなる社会においてどこへ向かうのか?
行政DX化の最前線で活躍する方々をお招きし、それぞれの「デジタルガバメント」を語ります。
ご参加いただく皆様も交え、新たな気付きや価値を得られるセッションも実施します。

■タイムテーブル
ーーーーーーーーーーーーーーーー
18:00 オープニング

18:05 セッション①
【行政サービスのデジタル化によるスマートシティへのアプローチ】
株式会社スマートバリュー 岩本健太郎

18:30 セッション②
【インターネット投票とスーパーシティ、住民参加のまちづくり】
株式会社VOTE FOR 市ノ澤充氏

19:00 休憩

19:10 セッション③
※登壇調整中※
大日本印刷株式会社 花田陽子氏

19:40 セッション④
【LINEを活用したスマートシティ実現について】
LINE株式会社 佐藤将輝氏

20:10 パネルディスカッション
株式会社スマートバリュー 岩本健太郎(ファシリテーター)

20:40 懇親会

21:30 終了
ーーーーーーーーーーーーーーーー

■登壇者
株式会社VOTE FOR 代表取締役社長 市ノ澤充氏
2011年株式会社パイプドビッツ入社、 2017年3月一部事業の分社化に伴い現職。
自治体オープンデータを支援する「マイ広報紙」 の開発や選挙情報サイト「政治山」を運営、 インターネット投票の研究・ 推進においてはつくば市や町田市で実証を重ねている。

大日本印刷株式会社 ABセンター コミュニケーション開発本部 地域創生事業推進ユニット 
営業企画部 システム開発グループ 花田陽子氏

LINE株式会社マーケティングソリューションカンパニー
プラットフォーム事業開発室 ビジネスコンサルティングチーム アシスタントマネージャー
B2B事業戦略室 ビジネス開発チーム 公共政策室 スマートシティ推進 TF 佐藤将輝氏
2018年よりLINEへ。「持ち運べる役所」の実現に向け、「 LINE公式アカウントの地方公共団体プラン」をリリース。 現在数多くの自治体で利用されている。またレガシー組織全体のDXを実現することを目的とし、 2020年6月に「LINE DX Program with AWS」を提供開始。LINEを活用したよりよいサービスの実現に従事。

株式会社スマートバリュー デジタルガバメントSection GeneralManager 岩本健太郎
1985年生まれ。奈良県出身。京都工芸繊維大学工芸学部卒。株式会社スマートバリューにて、オープンガバメントのアプローチからデジタルガバメント、スマートシティに資する社会システムの創造を推進。
2020年、住民ID基盤であるGaaSを用いた電子行政・マイナンバーカード活用に関するサービスをリリース。

■協賛企業
株式会社三井住友銀行
三井住友海上火災保険株式会社

■注意事項
・必ずご参加者さま自身でのお申し込みをお願いいたします。1名で複数のお申し込みや譲渡はご遠慮ください。
 ご都合が悪くなられて代理の方が出席する場合もできる限りご登録をお願いいたします。
・本イベントは、各種メディアの取材が入る可能性がございます。予めご了承ください。
・アルコール提供予定のため、未成年の方には参加をご遠慮頂いております。
・当日のお席は先着順にご案内しております。
・会場は禁煙となっております。
・イベントの様子(写真等)・内容をまとめ、後日公開させていただく予定です。
・開催状況によっては、開催を延期または中止する場合がございます。
・イベント参加については必ずcolormari利用規約
(URL:https://www.smartvalue.ad.jp/wp/wp-content/themes/smartvalue_theme/data/colormari_Facility_Terms.pdf)を
ご確認頂き、同意頂いた上で参加申込をお願い致します。 
・参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます。