News

News

お知らせ | ブロックチェーンフェスティバル2019 に当社社員が登壇いたしました

BLOCKCHAIN FESTIVAL 2019 イベントレポート

イベントイメージ

2019年3月19日

に札幌( 札幌市民交流プラザ 3F クリエイティブスタジオ )にて「 BLOCKCHAIN FESTIVAL 2019 in SAPPORO 」が開催されました。

「 2018年のブロックチェーン 」と「 2019年のブロックチェーン 」。

ブロックチェーンの進化と可能性に迫り、たった1年の間に、どんな変化があったのか。そして、私たちの生活のどんな部分で使われ始めているのか。目まぐるしく進化し続けているブロックチェーンについて、このイベントをきっかけに「 自分だったら、ブロックチェーンと〇〇〇を掛け合わせてみたい 」というひらめきを与える。

今、注目のイベント。

それが、「 BLOCKCHAIN FESTIVAL 」です。

プロジェクターで映し出されたスライドを撮影した写真。スライドには「BLOCKCHAIN FESTIVAL 2019 in SAPPORO 今と未来を絆ぐもの、ネクストブロックチェーン ブロックチェーンの新化と可能性に迫る #ブロックチェーンフェス 14時30分よりスタート」と書かれている。

 

会場はスタートと同時に満席となり、熱気を帯びた中でイベントが進んでいきました。
 

そして、「 中央集権型から自律分散型へ。組織の在り方をも変えるブロックチェーンの進化にパネラーたちはどんな未来を描くのか?」といったテーマのパネルディスカッションに、スマートバリューの社員である深山 周作( SMARTVALUE Lab.Division Team Leader  )が登壇いたしました。

 

椅子に座りながらスポットライトの光が当たった3名の男性が写っており、そのうち中央の男性が右手にマイクをもって、左手で手振りを行いながら話をしている写真

スマートバリューと石川県加賀市が行なっている「 ブロックチェーン都市宣言・加賀イノベーションシティ 」の具体的な取り組みや、その先の地方自治体のあるべき姿についてなど、「 地域×ブロックチェーン 」をメインにお話させていただきました。

終始暖かな雰囲気でご聴講くださった皆様、 本当にありがとうございました。

椅子に座りながらスポットライトを当てられた5人の男性が写っており、そのうち1人がマイクを右手にもって話をしている写真。また男性の背景にはプロジェクターに映し出された大きなスライドがあり、スライドには「SMART L-Gov 自治体契約数513 Mobility Iot 347」と書かれている。

今後とも当社は100年企業を目指し、 引き続きクラウドサービスやIoT技術・ブロックチェーンをはじめとしたテクノロジーの分野で企業の価値を向上させながら、 新たなビジネスモデルや社会システムの創出に取組んでまいります。

 

講演依頼をお引受けさせていただいております。

過去には下記のような講演に登壇しております。

 

■ Next Economy Conference 2018に当社社員が登壇いたしました

■ スマートモビリティフォーラム に当社社員が登壇いたしました

■ CEATEC JAPAN 2018に当社社員が登壇いたしました

 

その他、多数のイベント・セミナーで登壇させていただいております。