News

News

お知らせ | CEATEC JAPAN 2018に当社社員が登壇いたしました

「 つながる社会、共創する未来 」がコンセプトのイベントに登壇。

2018年10月18日

右奥には講演台でマイクを持ちながら話をしている男性、左奥にはスマートバリューがそもそも何を普段やっているのかを説明するスライドを映した大きなモニター、手前には話を聞く十数名の大人が写った写真。

2018年10月17日( 水 )に幕張メッセにて開催されました 「 CEATEC JAPAN 2018  IoT推進ラボ 選定企業・地域プレゼンテーション 」 に、今年3月より包括連携協定を結んでいる石川県加賀市( 市長:宮元 陸 以下、加賀市 )が、IoT推進ラボに選定されていることから、同じく協定を結んでいるシビラ株式会社( 本社:大阪市西区、代表取締役社長:藤井 隆嗣 以下、シビラ )と当社の三者が登壇いたしました。

加賀市からは、加賀市の課題や企業誘致についての説明を。シビラからは宮崎県綾町をサンプル( https://sivira.co/pr/press/20161019-01-ja.html )にBlockchainやトークンエコノミーの本質的価値についてお話くださいました。

右手前には講演台でマイクを持ちながら話をしている男性、右奥には「すべての声を拾える、考え合える街を創る」と表示された大きなモニター、左側には話を聞く十数名の大人が写った写真。

当社( SMARTVALUE Lab.Division Team Leader 深山 周作 )からは、既存のクラウド事業領域( 地域情報ドメイン、モビリティ )と加賀市( =地域 )で取り組む理由を説明し、地域の情報が有効活用できないバラバラの状態になってしまっていることをお伝えさせていただきました。そして、なにをしていくのかの説明をさせていただき、データを集めて分析するためのデータ連携基盤や加賀市の情報を集約し、住民一人ひとりのパーソナリティに合わせて地域の様々な情報を探すことなく届けることのできる情報提供サービスを提供していくことをお話させていただきました。

 

「 CEATEC JAPAN 2018 」は大変多くの参加者の皆さまにご来場いただき、ほぼ満席となっていました。ご聴講くださった皆様、ありがとうございました。

 

今後とも当社は、クラウドサービスやIoT技術、ブロックチェーン等のテクノロジーを活用し、地域創生・新たなビジネスモデルの創出に取組んでまいります。

 

講演依頼をお引受けさせていただいております。

過去には下記のような講演に登壇しております。

 

「 Next Economy Conference 2018 」 登壇のご報告

■ 「 ブロックチェーン入門セミナー 」 登壇のご報告

■ 「大阪ブロックチェーン技術活用セミナー」登壇のご報告

 

その他、多数のイベント・セミナーで登壇させていただいております。

当社に関するお問い合わせ先

株式式会社スマートバリュー つながる創造室
担当者  光田(ミツダ)
TEL  06-6448-1711
FAX  06-6448-1722
mail  info@g.smartvalue.ad.jp