株主・投資家の皆様には、平素より多大なご支援、ご鞭撻を頂戴しており、厚く御礼申し上げます。
 

昭和3年、まだ国内では珍しかった自動車に関連し、現代表者の祖父が大阪の地にバッテリーの製造販売を商う事業を起業したのが当社の起源であります。その後も常に創造的な発想を失わず、昭和22年の法人設立を踏まえ、平成30年7月には、創業91周年、第72期目を迎えるに至っております。
 

戦後のわが国は、高度経済成長、バブル期、失われた20年、構造改革、アベノミクスなどを経ながら現在に至っておりますが、その間も一貫して社会の流れと時代の変化に対応し、事業にイノベーションをもたらしながら、業態を転換しチャレンジを続けて参りました。そして、平成27年6月、当社は東京証券取引所JASDAQ市場への上場を果たし、平成30年6月に東京証券取引所市場第2部へ、平成30年12月には第一部への市場変更を実現することができ身の引き締まる想いであると共に、株主・投資家の皆さまの負託に応えるべく更なる成長を続ける強い意志を再確認しております。
 

ここまで来れたのもひとえに、長きに渡り当社に対してご厚情を賜った株主の皆様、お取引先様各位、地域の皆様、そして何よりも当社に関わり共に協働した全ての従業員のお陰であると心より感謝を申し上げます。
 

当社のフィロソフィー・企業目的は「 社会の公器として永続する事業体となる 」と記しております。このわずか1行の文章ですが、どれほどの重みがあり、そしてそれを守り続ける意志がいかに大切か。私たちはその実践として、業態を転換し、ガバナンスを強化し、上場を果し、パブリックカンパニーとして永続できる道を選びました。今後も成長を続けながら、皆様のご期待に添えるよう企業価値の向上に努めて参ります。

 

72期を迎える当社の事業ミッションは “ スマート&テクノロジーで歴史に残る社会システムを創る!” と定めております。


すなわち、インターネットを基軸とした情報通信革命期の現在、20世紀から脈々と続く既存の社会における課題に対し、テクノロジーと事業モデルの力でデジタルソサエティな未来に向けた社会システムを創造して参ります。壮大で難しい分野であると理解しておりますが、だからこそ一歩ずつ力強く、情報通信革命期に足跡を残すことができるよう取り組んで参ります。
 

当社のスローガン " hospitality first " は、険しい道のりを歩む中で、常に互いに心を寄せ合い、協働することを願って記しました。
 

競争ではなく協創!
排除・権威ではなく共感!
利己ではなく利他!
クローズドではなくオープンに!
 

そんなヒューマニスティックなマインドを大切にしながら、正しい行いを継続し、ひたすら真摯に正直に、そして原理原則を重視し、ぶれず惑わず取り組むことで、皆様の期待に応えられるよう、従業員一同「ホスピタリティ・ファースト」を胸に、奮闘して参ります。
 

投資家の皆様には、そんな真面目で少し不器用な私たちですが、ぜひ長期的な視点で見守って頂ければ幸いです。
 

これからも引き続きご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

株式会社スマートバリュー

代表取締役

渋谷 順