情報開示の基準

株式会社スマートバリュー(以下「当社」という)は、株主、投資家の皆様に対し、透明性、公平性、継続性を基本に迅速な情報提供に努めます。金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠した情報の開示に努めるほか、当社の判断により当社を理解していただくために有効と思われる情報につきましても、タイムリーかつ積極的な情報開示に努めます。なお、個人情報、顧客情報および関係者の権利を侵害することになる情報につきましては開示いたしません。

 

 

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所が提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」にて公開し、有価証券報告書等の開示書類は、金融庁が提供する「EDINET」を通じて公表いたします。

「TDnet」、「EDINET」に公開した情報は、速やかに当社ウェブサイト(以下、「当サイト」)に掲載いたします。但し、当サイトへの掲載は、準備の都合上、公表から遅延する場合もあり得ますので、あらかじめご了承ください。

その他、株主・投資家の皆様に当社を理解いただくために重要あるいは有益であると判断した情報につきましても、当サイトへの掲載等により広く開示することに努めます。

 

 

業績予想及び将来情報について

当社が開示する情報には、業績予想等将来の見通しに関する内容が含まれる場合がありますが、その情報の正確性及び完全性を保証または約束するものではございません。これらは、当社が現在入手可能な情報に基づき判断したものであり、潜在的なリスクや不確実要因などのさまざまな要素により、実際の業績等とは大きく異なる可能性がございます。

 

 

沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、株主・投資家の皆様への公平性を確保するため、各決算発表日前の2週間を「沈黙期間」としております。この期間中は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えさせていただきます。

但し、「沈黙期間」中であっても、業績予想を大きく外れる見込が出てきたときには、法令・規則に従い、適宜情報開示を行います。

 

 

第三者への情報開示と第三者による業績予想

当社は機関投資家、アナリスト等との個別ミーティングでは既に公開された事実、周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境等の情報に限り言及いたします。また、いかなる場合においても、第三者による当社に関するコメントや業績予想等を支持することはいたしません。

 

 

その他

本Webサイト上での当社の情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載している免責条項も合わせてご参照ください。