GaaS( Government as a Service )

gaasのロゴ

GaaSとは

「 GaaS( Government as a Service )」は、行政サービスをデジタル化し、データを用いたまちづくりを推進するための住民ID基盤です。
オンライン申請・手続きサービスをはじめ、キャッシュレス機能による地域通貨や地域ポイント、チケッティングによる施設予約や移動手段の提供を通じ、地域住民の行政サービスに対する利便性を高めます。
さらに、様々な行政サービスの提供を通じたデータを蓄積し、スマートシティ・スーパーシティにおける都市OSとなることを目指しております。

 

▼「 GaaS( Government as a Service )」 イメージ

gaasの説明
マイナンバーカードを用いた本人認証アプリ

政府は、デジタルファースト法(通称)の意義に基づき、マイナンバーカードの普及に向け、マイナポイントの実施や健康保険証としての利用をはじめ、あらゆる活用方法の整備を進めています。

スマートバリューは、GaaSと本人認証アプリ、開発を予定する各種サービスの提供を通じ、今後普及を急ぐマイナンバーカードの利用シーンを創出し、利便性の高い行政サービスの実現に貢献します。

GaaSと本人認証アプリの展開イメージ
GaaSに関する公式発表資料

お問い合わせ

住民ID基盤「 GaaS 」や、マイナンバーカードを用いたまちづくりにご興味がある方は下記までお問い合わせください。

株式会社スマートバリュー デジタルガバメントSection
お問い合わせフォーム https://www.smartvalue.ad.jp/cgi-bin/inquiry.php/1