事業情報

CMSサービス いくくるウェブ

サービスのコンセプト

「いくくるウェブ」は公共自治体向けクラウドタイプCMSとして、既に多くの公共自治体様に選ばれており、特に大阪府下ではシェアNO.1と、高くご評価いただいているCMSです。※1
情報発信のプラットフォームとして、ウェブサイト作成や広報に不慣れな職員の皆様が、ウェブサイトを簡単に更新できるような機能を豊富に備えています。例えば、公共自治体様における各種の承認フローへの対応や、機構改革の際のページ更新・移動を簡単にする支援機能、さらには、メール配信との連携やケーブルテレビへの情報発信など、ホームページの枠にとどまらない「ワンソース・マルチユース」を実現するなど、様々な機能を高く評価をいただいています。

また、「いくくるウェブ」は公共自治体様の規模に応じて、最短3か月という短納期での導入も可能です。
あたかも「公開しているページ」を編集しているかと思わせる『見たまま編集』。実際に更新される職員の皆様に専門的な知識がなくても、普段の文書作成などと同じ操作感で、直感的に編集を楽しめる操作性は「いくくるウェブ」の大きな特長の1つです。
もちろん、クラウド型のCMSですので導入型と違い、定期的なバージョンアップによる機能追加によっていつでも最新版をお使いいただくことが可能です。

さらに、今後広く浸透することが確実なオープンデータやマイナンバー制度など、地域住民の皆様への情報発信に欠かせない様々な新しいトレンドを取り入れ、単なるホームページ管理のためのシステムとしてではなく、地域住民の皆様に向けた情報発信のプラットフォームとしてご活用いただけます。

※1 2013年12月現在 当社調査による

サービスの特徴

面倒なサーバ管理が不要なクラウド型CMS
サーバやルータなどのネットワークなどの専用機器や、各種プログラミングなど複雑な専門知識を必要とせず、普段お使いのパソコンに入っているブラウザさえあれば、どなたにでも簡単にウェブサイトの更新・運用が可能です。
専門知識や特別なアプリケーションは不要で、確認しながら見たまま編集が可能
HTMLやJavaScriptなどのホームページを作成するために必要な専門技術を身につける必要はありません。普段の業務で文書作成をされている感覚でブラウザを通して簡単にページを作成することが可能です。
充実したアクセシビリティ対応の為の各種機能
自治体職員の皆様が総務省から2014年度末までに対応を求められているJIS X8341-3:2010 等級AAへの対応を強力に支援するアクセシビリティチェック機能を標準で搭載。特別な作業をしなくても、ページを作成するだけでアクセシビリティへの対応が可能です。
公共自治体様の組織に特化したCMS
大規模な組織改編や、毎年起こる人事異動などにも一括で対応することができます。その他にも、承認フローや禁則文言など、情報公開の規則に準えた運用を実現するための機能を豊富に備えています。「いくくるウェブ」は、公共自治体様への豊富な導入実績に基づくノウハウをもとに進化する、公共自治体様のご利用に特化したCMSです。
住民の皆様にとって便利な数々の機能
職員の皆様が簡単にご利用いただくことはもちろんのこと、住民の皆様が情報を取得しやすくすることが重要です。「いくくるウェブ」では、ウェブページを作成できるだけではなく、地図を用いた施設マップや、イベント検索機能、申請手続き検索機能など、住民の皆様が「あったら便利」と感じる機能を実現しています。
実績ある安全・安心な自社データセンター「おおさかiDC」を利用
もともと日本初の公設インターネットデータセンターとして大阪府が管理運営していたデータセンターを2012年4月より装いも新たに「おおさかiDC」として当社がその設備を引き継ぎ運営管理。従来からの府域アクセス回線やLG-WANへの対応など、高いファシリティとセキュリティはそのままに、24時間365日サービスが途切れないようにスタッフが常駐管理しています。

主な機能

パソコン、スマートフォン、携帯サイトの一括生成・更新機能
ひとくちにウェブサイトと言っても、多くの公共自治体様では「パソコン用」「スマートフォン用」「携帯電話用」と、それぞれ特徴の異なる3つのページを用意する場合がほとんどです。「いくくるウェブ」では、それら3種のページを1度の入力で一括して自動生成することができるため、従来管理の難しかった複数のホームページを簡単に一元管理することが可能です。
アクセシビリティチェック機能
機種依存文字の置き換え機能や、音声読み上げの際にどのように読み上げられるかをシミュレートする機能を含むアクセシビリティチェック機能によって、2014年度末までに対応を求められているJIS X8341-3:2010 等級AAへの対応をサポートします。専門知識のない職員の皆様でもボタンひとつでアクセシビリティへの対応が可能です。
緊急災害時デザイン切替機能
万が一、大災害が発生した際、ウェブサイトにアクセスが集中してしまい、閲覧できないことが予想されます。そのような非常事態に本当に必要な情報をいち早く地域住民の皆様へお届けするために、アクセス集中にも耐えられる軽量で必要な情報をまとめたページへと切り替える機能をご用意しています。
公開承認機能(最大6段階)
ページ作成担当者から一次承認者、一次承認者から最終承認者へというような、組織に応じたページ公開のための手続きも、「いくくるウェブ」なら「メールによる通知」と「ブラウザ画面での確認・決裁」と、普段の業務フローを変えることなく簡単に対応できます。ページの作成から公開までに何段階かの決裁が必要な公共自治体様にも安心してお使いいただけます。
公開日時の指定機能
各種法令や年末年始における情報発信の際など、「ページを公開しなくてはいけない日が決まっている」「いつまでにページを閉じなくてはいけない」という場合、従来のホームページ運用方法では、その都度実際に登庁して作業をする必要がありました。「いくくるウェブ」では新しくページ作成する際に、「そのページを公開する日時」「そのページを非公開にする日時」を設定することで自動的にページの公開や非公開化が可能です。

導入実績

  •  
大阪府
奈良県
兵庫県
岡山県
和歌山県
滋賀県
三重県
京都府
福岡県
埼玉県
神奈川県
  • 大磯町(平成26年全国広報コンクールWEBサイト町村部門入選)※2
  • 寒川町
千葉県
※2 公益社団法人 日本広報協会(http://www.koho.or.jp/‎) 主催

よくあるお問い合わせ

制作について

「いくくるウェブ」は誰でも簡単に操作することが可能でしょうか?
パソコンを操作する基本的な知識があれば、誰でも簡単にページの作成や更新を行うことが可能です。
WordやExcelで作成したデータを、ページに反映させることは可能でしょうか?
可能です。
ページ作成画面にて、WordやExcelのデータをコピーアンドペーストすることで反映させることが可能です。
スマートフォンサイト、携帯サイトも作成することが可能でしょうか?
可能です。

公開、配信について

ページ公開期間の設定は可能でしょうか?
可能です。
公開しているページ数を把握することは可能でしょうか?
可能です。

運用について

承認フローを設定することは可能でしょうか?
可能です。個別に設定するなどの柔軟な対応が可能です。
承認を必要としないページの設定は可能でしょうか?
可能です。
作成したページが公開されているかどうかを、簡単に確認することは可能でしょうか?
可能です。
公開中や公開終了などの状態を一覧で表示させることが可能です。
操作ログなどを取得することは可能でしょうか?
可能です。
ログインされた方の操作内容に関するログを取得可能です。

導入、保守について

初期導入時に操作説明をしていただくことは可能でしょうか?
可能です。
操作説明会の方法はいろいろとパターンがありますので、お問い合わせください。
お問い合わせ先

株式会社スマートバリュー
公共クラウドディビジョン
TEL:06-6448-8446 FAX:06-6448-8447

お問い合わせ・資料請求

TOP